雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

湿気対策!部屋の除湿に効果的な方法4つをご紹介


7f331a0c745ac38be5057373db9e03a4_s

もうすぐ梅雨がやってきますね。


梅雨時期に気になることって何ですか?


私はずばり“湿気”!!!


梅雨時期になると、一気に室内の湿度が上がってしまいますよね。


実は室内の湿度が50%を超えるとカビが発生しやすくなると言われています。



賃貸の方はもちろんマイホームを購入された方、小さなお子さんがいるご家庭などは特に気になりますよね。


私も今年新築のマンションに引っ越してきたばかり&寝室が北側にあって、室内の湿気や湿度がとても気になります。


なので今回は湿気対策に効果的な方法を調べてみました。


また、湿気対策にNGな方法も併せて書いていますので、湿気に悩んでいる方は見てみてください^^

スポンサーリンク


湿気対策!部屋の除湿に効果的な方法4つをご紹介

湿気対策に効果的な方法4つは以下の通りです。

  1. 除湿機
  2. エアコン
  3. 除湿剤
  4. 扇風機
それでは1つずつチェックしていきましょう!

1.除湿機



除湿、と聞いて一番最初に浮かぶのは除湿機かもしれません。

除湿機をまわすと驚くほどカラッとなる、空気が変わる、ペットボトル一本分の水があっという間に溜まる、など良くそういう声を聞きます。


また電化製品の売り場の方に聞いたところ、夏の湿気&冬の結露対策には除湿機が一番 だそうです。

1年を通じて活躍してくれる、ということですね。

2.エアコン



エアコンにもドライや除湿機能がついています。

我が家は現在、エアコンで除湿を行っているのですが、エアコンをつけてるのとつけてないのでは大違いです。

稼動しているとちゃんと湿度はエアコンの設定湿度になります。

今の電化製品は優秀ですね。


ただ冬の結露対策にエアコンの除湿を使用してしまうと、大変寒くなりますので要注意です!


エアコンの除湿には室内の温度を下げてしまう効果もありますので、寒い冬の結露対策には向かない、ということですね。



エアコンの機能や電気代に関する記事はコチラ!
⇒ エアコンの除湿と冷房の違い!電気代がかからないのはどっち?



3.除湿剤

手軽に使用できるのは除湿剤ではないでしょうか?


押し入れ、クローゼット、靴箱、タンスの中・・・


梅雨時期と冬の結露が酷い時期になるとあっという間に水が溜まります。
水か溜まる、ということはそれだけ効果は出てる、ということですよね。



↓除湿剤。コンパクトなサイズなので省スペースで使用できます。




4.扇風機



扇風機には湿気に対する機能はありません。

ただ扇風機の前に凍らしたペットボトルを置いておくと、一種の除湿機の代わりをしてくれるそうです。(原理はエアコンと一緒・・・中学生のエコ発明だそうです)


スポンサーリンク

湿気対策にNGな方法!

湿気対策にNGな方法・・・逆に湿度を上げてしまう行為があります。


それは・・・


換気扇をまわす!


です。

室内の空気が汚れたと感じた時(料理やオムツ替え、など)には換気扇を使用しますよね。

その感覚で湿度が高い日も室内の湿気を逃すイメージで、換気扇を使用してしまうかもれませんが、これはNGです。


換気扇は外の湿気まで取り入れてしまうので、余計に湿度が高くなってしまいます。
(外の空気と室内の空気を入れ替えてるからです)


まとめ

いかがでしたでしょうか?


カビ対策には室内の空気を動かすことが一番、と聞きます。


天気がいい日は玄関や窓を開けっ放しにして室内の空気を循環・動かすことが大事なのだそうです。


でも雨の日はこれが出来ません。


前途した通り窓を開けてしまえば外の湿気を室内に取り込んでしまうからです。


梅雨時期の湿気対策としては一番はエアコンや除湿機での除湿


あとは窓は閉める。そして換気扇はまわさない、除湿剤を併用する。


と言ったところでしょうか。


機密性の高いマンション、特に新築のマンションは湿気が高くなりがちです。(建ってすぐのマンションは、コンクリートから水分が蒸発しているため湿気やすい状況のためです)

エアコンなどの電化製品を上手に使い、室内の湿度を快適に保ち快適な生活を過ごしましょう^^

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ