雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

七五三!神社へのお参りはどこがいい?

夏休みが終わるとあっという間に秋が近づきます。
秋は運動会やハロウィン、そして七五三、とイベントの多い季節。楽しみですよね♪
うちも5歳の息子と3歳の娘がいるので今年の秋、七五三をします!
みなさんはわが子の七五三、どこの神社にお参りされましたか??

スポンサーリンク


私は地元て多分一番有名な神社にお参りしようと考えていたのですが、本当にそこでいいのかな??と疑問に思ったので色々と調べてみました。

そこで今回は七五三のお参りについてどこの神社がいいのか書いていきます^^



お参りはいつする?

cb5910e869734ab12ffab16042ff3155_s
七五三は毎年11月15日の『七五三の日』に神社へお参りをする行事です。

しかし近年では両親の仕事の都合などもあり、必ずしも11月15日ではなく、10月中旬から11月前半の吉日や土日祝日などを利用してお祝いやお参りをするのも珍しくありません。

また11月15日やその前の土日、祝日などはとくに七五三の参拝で神社が込み合いますので、上手に日程を組む必要があると思います。(もちろん、11月15日の七五三の日にお祝いをされる方もたくさんいらっしゃいます)

また七五三に六曜(大安や友引など)は関係ないと言われていますが、それでもやはり「大安の土・日曜・祝日」にはお参りの参拝客が集中しやすく、総本社的な大きく有名な神社ではお日柄のいい日は、境内が七五三の参拝客で埋まってしまうほど混雑してしまいます。



お参りする神社はどこがいい?

その人の一生の守護を担当するのは産土神ですので、子供が七五三の年齢まで無事に成長できたこと感謝し、そしてこれから先の無事をお祈りする意味でも産土神にお参り行くのが本来の姿だと思います。

※産土神がわからない場合は、各都道府県の神社庁などに問い合わせをすれば、教えてくれます。

tatemono_jinja


ちなみに・・・

産土神(うぶすながみ)とは?

産土神はその人が生まれた土地の神様で、その人の一生を守護してくれる神様です。
生まれた土地の神様ですから、たとえ家族でも生まれた土地が違えば産土神は異なります。
また、その人がどこへ引っ越しても、その人の一生の守護を担当します。


鎮守神(ちんじゅがみ)とは?

鎮守神はそれぞれの土地の神様で、そこに住んでいる人を守護してくれる神様です。
住んでいる土地の神様ですから、たとえ家族でも住んでいる場所が異なれば鎮守神は異なります。
また、引っ越したら引っ越し先の神様に担当が変わります。

スポンサーリンク


氏神(うじがみ)とは?

氏神は文字どおりそれぞれの氏族の神様で、その一族の人を守護してくれる神様です。
源氏なら八幡神(八幡宮)、平氏なら厳島明神(厳島神社)、藤原氏なら春日神(春日大社)というように決まっていて、その一族の人の守護を担当します。
産土神と鎮守神は地縁の神様であり家族でも異なる場合がありますが、氏神は血縁の神様であり家族であれば同じです。
しかし近年氏神の周辺に住み、その祭礼に参加する者全体を「氏子(うじこ)」と称するようになり、氏神と鎮守神はあまり区別されなくなったようです。




まとめ

如何でしたでしょうか?疑問は解決できましたでしょうか?

今回調べてみて私たちは今住んでるところの産土神社にお参りに行くことに決めました。

うちは今年の初めにマンションを購入して何もない限りここに一生住みます。

なのでやはり一生お世話になる産土さまにわが子の七五三の祈願をお願いしようと思いました。
shichigosan3
みなさまはどうされますか?

せっかくの家族みんなの楽しいイベント。

色々話し合って納得いくお参りが出来たらいいですね^^

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ