雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

マンションの騒音!苦情を言われないためにしておく4つこと



憧れだったマンションの購入


インテリアはどんな風にしようかか~?
欲しかった家具、買っちゃおうかな~??



と心躍らせてる人、多いと思います。


しかし、マンションには”騒音” という、重大な問題があります。


私は今14階建てマンションの2階に済んでいるのですが、角部屋&下はエントランスということもあり、今まで騒音に関して苦情を言われたことはありません。


また、上の階や隣の人の騒音で悩んだこともありません。


しかし、同じマンションの中には、実際に管理会社を通してですが、下の階から苦情を言われちょっとしたトラブル になった人もいます。


苦情を言われると、迷惑をかけているという反省、自己嫌悪、後悔・・・に襲われ、夢だった楽しいマンション生活に陰を落としかねません。


もちろん、苦情を言った側の生活も同様です。



そんなわけで、今回はマンションの騒音について、苦情を言われないためにしておくべき4つのことを考えてみました。


私が実際にやっている対策や、同じマンションの友人がしているものもありますので、参考にしてみて下さい^^



スポンサーリンク

マンションの騒音!苦情を言われないためにしておく4つこと

我が家でやっている対策や、友人がしている対策は以下の4つです。

  1. 挨拶をしておく
  2. 子供に声かけ&注意
  3. 防音マットを敷く
  4. イスにも防音対策
では1つずつみていきましょう。

1.挨拶をしておく



人付き合いの基本中の基本ですが、”挨拶” はとても大事です。


我が家は新築分譲マンションだったため、一斉入居(引越し)だったのですが、引越しが落ち着いたのは私たちが入居してから約1ヶ月後。


1ヶ月後ぐらいに、ほぼ全世帯が入居完了、という感じでした。


なのでそのタイミングを見計らって、同じ棟の同フロアと真上の階の4世帯に粗品を持って、挨拶をしに行きました。


その際、外出中などで挨拶をする機会がないお宅には、メッセージカードと粗品をポストに投函させていただきました。


その際に言ったのは、

管理人
我が家には小さな子供がいるため、何かとご迷惑をかけてしまうかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします


ということ。


挨拶に伺ったお宅は、うちより小さな赤ちゃんがいる家庭、高齢の単身独身者の家庭、中学生にいるお子さんがいる家庭、夫婦2人で住んでいる家庭、とみんな世帯状況はバラバラ。


それを知れたことにも意味があって、例えば、


お隣さんはは共働きで平日の昼間はいないので、その時は少し騒いでも大丈夫かな・・・とか、いつも出勤が遅いお隣さんだと、朝はなるべく静かにしていた方がいいかな、とこちらも配慮できます。


分譲マンションは一戸建てと違い、壁のすぐお隣は違う人が住んでいるという状況。


ある程度の妥協や、事情を知った上での折り合いなども必要だと思います。


そのためにはやはり、お隣に誰がどんな人が住んでいるか絶対知っておいた方がいいですし、可能ならば時間がある時は、立ち話が出来るぐらいの仲になっていた方がいいと思います。


上記のコメントのような挨拶をすると、小さなお子さんがいるところは、

お隣さんB
うちの方が迷惑かけると思います。夜とか泣き声うるさくありませんか?


と言ってくれましたし、



単身の高齢者の方は、

お隣さんC
私にも同じ歳ぐらいの孫がいて時々泊まりにくるから、全然気になりませんよ^^


と言ってくれました。


だからと言って”騒いでいい” というわけではありませんが、そうやって言ってくれる人で良かった、と一安心したのを覚えています。


それに顔を見知っておくと、中々苦情は言いづらいもの・・・


このぐらいは我慢できる、という線引きも甘くなるのが人間ではないでしょうか?


また、苦情を言われた時も顔見知りの方が謝罪しやすいと思います。


今のご時勢、挨拶はしない方がいい・・・なーんていう風潮もあるらしいですが、個人的にはこれには大反対!


挨拶をして、このマンションにどんな人が住んでいるのか子ども達が知ることで、いざと言う時に役に立つと思うんですけどね・・・


2.子供に声かけ&注意

小さなお子さんがいる家庭だと気になるのは子供が出す音!


足音、声、ドアの開け閉め、などなど普段から注意してないと、子供にはわかりません。


走らない、飛ばない、物を投げない・・・


何度同じ事を注意してもやる時はあるのですが、ふと気が付くと、ドアを静かに閉めていたりして・・


「あ~やっとするようになってくれた・・言ってたことはムダじゃなかった・・・」


と(*´∀`*)ホッ-3


子供も聞いていないようで聞いているんですね。


うちの子供には言ってもわかんないから、言ったって出来ないから、と諦めるのではなく根気強く言って欲しいと思います!


友人の子は、ある日上の階に友達がたくさん遊びに来て、子ども達の走り回る音がすごかった時があったらしいです。

でも、その騒音のすごさに友人の子がびっくりして「私たちもこんなにうるさかったんだね・・下の階の人に悪いね」と反省し、それからすごく静かに行動するようになったらしいです。


反面教師?いい見本ではなく悪い見本も、時には効果があるのだな~と思ったエピソードでした。

スポンサーリンク


3.防音マットを敷く



我が家では下の階がない=エントランスなので、リビングなどには防音マットは敷いてませんが、子供部屋にはジョイントマットと絨毯 を敷いています。


子供は良くおもちゃを落としたり、イスや物を意図せず引っ張ったり・・と、うるさい音を出すのが大得意!^^;


それに、上記のようなことをしていつの間にかキズを作ってしまいます。


なので、マットは騒音防止のためにも、キズ防止のためにもなるので一石二鳥!!


子供が良く遊ぶ箇所だけでもいいので敷いてあげるといいと思います。


4.イスにも防音対策

入居して半年が経過した頃から気になりだしたのは、ダイニングテーブル付近のキズ。


子供がイスでどんどんしたり、イスを引きずったり・・とし出来たキズでした。


ダイニングテーブルの下に絨毯を敷くことも考えたのですが、食事するテーブルの下に敷くのには抵抗が・・・


だって、子供って何かこぼしたり汚したり・・の天才ですもん^^;


なので我が家では100円shopで買ってきた、フェルト製のキズ防止シールを貼ることにしました。

↓↓↓こんな感じのものです


イスにシールを貼ることに抵抗があったのですが、イスもこのままいけば消耗品・・と思って、つけました。(子供がいる家庭で5年10年とイスがもつわけないかな・・・と思って^^;)


効果はてきめん!


イスを引っ張る時の音がしないのですごく快適です!!


もっと早くに貼れば良かった~と逆に後悔しています^^;


イスの防音対策としては、カバーもありますが、我が家では見た目の問題で、こちらをチョイス・・・


今のところイスの色とも合っているので、見た目でストレスを感じることもありません^^



まとめ

いかがでしたでしょうか?


マンションで騒音に対して、苦情を言われないための対策をご紹介しました。


私個人の意見としては、騒音の苦情はなるべくなら言いたくない!です。


一度言ってしまうと、近所なのに仲がぎくしゃくしてしまうのも嫌なので、これから先もよっぽどのことがない限り言わないと思います。

なので、もし自分が言われたら



「よほどうるさかったに違いない!申し訳ない!」



と思うと思うのです。


でも言われてからじゃ遅いんですよね、やっぱり。


言われた事実はどうしても残りますから・・・


なので今回は敢えての「苦情を言われないための対策」としてみました。



1日24時間、365日、ずっーーーーと静かに生活する、というのは無理ですが、ある程度の思いやりを持って、平穏に生活できたら・・と思います。

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ