雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

十五夜の意味と由来!あなたはちゃんと説明できますか?


edc279e74c5a8b0e4bf63ae86c55d5ad_s

9月になると朝晩の風も冷んやりしてきて、夏から秋へ季節の移り変わりを実感しますね。


秋と言えば皆さん何を思い浮かべますか?


運動会?ハロウィン?食欲の秋?


お餅や甘いものが好きな私はまず“十五夜”を思い浮かべます^^



十五夜って皆さん何をされますか?


お団子食べる?

ススキを飾る?

月を眺める?



そもそも十五夜の意味 って何でしょう?


例えばもしこの記事を読んでる貴方がお子さんから「十五夜ってなに?」と聞かれた時、ちゃんと説明出来る自信、ありますか?


今回は十五夜の由来やお供え物の意味について詳しく書いていきます!



今年の十五夜はいつか?についてはこちらの記事に書いてます^^
『十五夜2017年はいつ?毎年同じ日じゃないって知ってた?』



スポンサーリンク

十五夜の由来は?

sozai_11928

旧暦では季節は3ヶ月ごとに分けられていました。


  • 春 → 1~3月
  • 夏 → 4~6月
  • 秋 → 7~9月
  • 冬 → 10~12月
この秋(7~9月)の真ん中の日(8月15日)のことを秋の季節の真ん中、で“中秋”と呼びます。


そして旧暦は月の満ち欠けによって数えられていましたので、月の真ん中の15日の夜が満月か満月に近い月であったことから、旧暦で8月15日のことを“中秋の名月”と言うようになりました。


では何故、中秋の名月を鑑賞するかというと、この風習は、古くは中国、唐の時代からあり、これが日本に入ってきて、平安時代、貴族の間では「観月の宴」(月見をしながら短歌を楽しむ・・という優雅な宴です^^)として楽しまれていました。


そして徐々に武士や町民へと庶民の間に広まって行ったようです。




これが現在の「お月見スタイル」 へと繋がっています。



また“十五夜”は中秋の名月を鑑賞する他、これから始まる収穫を前にして、収穫を感謝する初穂祭としての意味あいがありました。


欠けたところの無い満月は、豊穣の象徴でもあったようです。


そのため十五夜の満月の夜は 「名月を鑑賞し、また豊作を祈るお祭り」 として変化していったのでしょう。



お供え物の意味は?

お供え物は皆さん“お団子”と”ススキ”のイメージだと思います。


その他には秋のお野菜や果物(さつまいも)、秋の野の花などではないでしょうか?


そのお供え物にもちゃんと意味があります!

お団子



上記の収穫のお祭りの際に、満月に似せた丸いお団子をお米の粉で作って、お供えしたのが始まりといわれています。


収穫への感謝と豊作を満月に祈願し、その満月に似せたお団子を食べることが“健康と幸せ”を得ることができると考えられていたのです。



ススキ



ススキは、稲穂に似ていることから、お米の豊作を願い、月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられました。


本当は月の神様の依り代は稲穂なのですが、お月見の時期には稲穂はまだ収穫されて無いため、稲穂に似たススキを供えるようになったといわれています。


また、古くからススキには魔除けの霊力があると信じられています。
お月見に供えたススキを軒先に吊るすと、一年間病気をしないという風習が残っているところもあるそうです。


十五夜には5本のススキ、十三夜には3本のススキをお供えするところもあるようですが、”絶対”ではないようです。


※依り代(よりしろ)・・・神霊が寄りつくもの。憑依物としての樹木・岩石・動物・御幣、という意味。


ちなみにこのススキ・・私は昨年子どもと散歩がてら近所を探し回ったのですが結局ススキを見つけることが出来ませんでした・・泣 小さな頃は川沿いにたくさんあったような気がしたのですが・・


その他



その他には収穫に感謝してその時期に採れた野菜や果物をお供えします。


例えば芋類(サトイモやさつまいも)などですね。


ぶどうなどのツルものも、お月様との繋がりが強くなると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

私たちが子どもの頃からあった「お月見」


ただお月様を見ながらお団子を食べる、という楽しくて美味しい(笑)という単純なイベントではなく、ちゃんと深い意味があり、お供え物一つとっても大昔の人々の願いや希望が込められてきたのがわかります。


また現代までこの行事が続いている、ということは四季折々のこういった行事を日本人は大事にしていたのだな、ともわかります。


十五夜がどいういう由来で行われるようになったのか、またお供え物の意味などを理解すると、いままでと違った意味で「お月見」が楽しめると思います。


今年の十五夜は是非家族や友人とお月様を眺めながら、その由来やお供え物の意味について話してみて下さい。


そして今の生活に感謝しつつ、美味しいお団子を食べて楽しい夜を過ごしてくださいね^^



月・・・と言ったらスーパームーン現象というのもあります。
『スーパームーン現象とは?次回はいつ?』

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ