雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

墓じまいの費用!相場や手続きについて知っておこう!

今年の初めぐらいでしょうか?
TVで「墓じまい」という言葉を耳にしました。
跡継ぎがいない、墓守りがいない、遠方に住んでいる、などの理由でお墓を維持することが難しくなり、文字通り、お墓をしめてしまう、処分してしまう、と言う内容でした。

スポンサーリンク


みなさんのご実家や皆さん自身で既に「墓じまい」を検討されていらっしゃる方はいますか?

少子高齢化の昨今、この問題は避けては通れない、とTVでは言っていました。

そしてもちろん我が家も例外ではなく、最近この話題が家庭で出ましたし、お盆に中学のときの同級生の子たちとの集まりがあったのですが、そこでもこの話が出ました。

みんな気になってるんですね。

でもこういう問題は実際起きてから話し合ったりしては遅い問題ですよね。

生前から家族で良く話し合う必要があると思います。

そこで今回は気になる墓じまいの費用の相場や手続きなどついて書いていきます!

墓じまいとは?

763c58834b99279e9fc3597192011480_s

墓じまいとは、お墓参りをする人がいなくなることが確実な場合、お墓を撤去したり、処分したりすることです。
(撤去時は永代使用権と呼ばれる、お墓がある限り永代的に使用できる権利をお寺・霊園に返還し、更地に戻すのが一般的)

墓参りする人・墓を管理する人がいなくなるとどうなるのか?

そういったお墓は荒れ果てるだけでなく、“無縁仏”としてお寺の中の一箇所に集められ合祀(ごうし)されたりします。

無縁仏(むえんぼとけ)とは、供養する親族や縁者のいなくなった死者またはその霊魂、またはそれらを祭った仏像や石仏などを意味する。

引用元:wikipedia

都市部では無縁仏の割合は10%にもなると言われこれらはどんどん増えていくと思われます。

費用は?相場はあるの?

では、肝心の費用や相場についてみていきます。

都市部の公営や民間の霊園の場合

地域によって差はあると思いますが、大体相場は1m3あたり10万円ほどといわれています。

寺の場合

お布施や御礼などがあるため相場はいくら、とは言えないようです。お墓の状況(通路が狭かったり、階段があったりして機械が入りにくい、基礎に鉄筋が入ってる場合など)によっては高額になる場合もあるようです。

a9ed4a05b0da6fcf020ab66bafacdc0f_s

また別途離檀料などをとられる場合もあったり、法外な永代供養費などを提示されたりなど、費用に関するトラブルが多いため、これが墓じまいがスムーズにいかなくなる理由の一つとなっているようです。

トラブルを避けるためにも事前にしっかり勉強することが必要ですね!!

墓じまいの流れ

お寺や宗派によって微妙な違いはあるでしょうが大体このような流れで行われます。

  1. お墓の管理者にお墓の解約、撤去申請
  2. 受理
  3. 石屋の複数見積もり(下見をしてもらわないと正確な金額は出ない)
  4. 石屋を決定
  5. 工事日を決定
  6. 仏式のお墓は事前に抜魂読経供養とお遺骨の取り出し
  7. お墓の撤去
  8. 整地
  9. 完了

この流れを見ると思い立って数日で”完了”とはいかないようですね。
時間がとてもかかりそうです・・

スポンサーリンク



取り出した遺骨はどうするのか?

さて、取り出した遺骨は一体どうしたらいいのでしょう?
それには以下の4つの方法があります。

①新しいお墓に一緒に入れる

遠方にあるお墓を墓じまいし近場のお墓に移す場合などはこれにあたります。
(移設する場合は改葬手続きが必要・・・自分の家の墓であっても自由に遺骨を持ち出すことはできない、という法律があるため)


②海や森への散骨

ほんの少しのお遺骨をメモリアル品として自宅にお祀りし、あとは散骨する、という方法。

散骨についてはコチラ >> 「海に散骨してほしい!許可は必要?場所や方法など詳しく解説

c3c89569f5f5b77cada13ebb82fd7801_s

③手元においておく

お遺骨を粉末化し自宅に安置しておくこともできます。
そののち新たなお墓や納骨堂に移すことも可能です。

④永代供養

寺院に永代にわたり供養をしてもらいます。
別途「永代供養費」が必要となります。

永代供養についてはコチラ >> 「永代供養の費用や相場について詳しく解説します!

37b4022aa275917352120dc63ae046f4_s

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少子高齢化が進んでくるとこのような問題は必ず出てきます。

うちは関係ない・・と思っていてもいずれは考えなければいけない時がきます。

仏様を大事に、ご先祖様を大事に・・

と少しでも思う気持ちがあるのならば自分が送ってもらう立場になる前に、

また送る立場になる前に家族間で話し合うことも必要なのではないでしょうか?

立場や家族のあり方によって解決策や結論はすぐには出ないとは思いますし、もしかしたら揉めたりすることもあるかもしれません。

そうならないためにもまずは“知る”ことが大事なのだと私は思いました。

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ