雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

海に散骨してほしい!許可は必要?場所や方法など詳しく解説

以前「墓じまい」についての記事を書きましたが・・ 
>> 「墓じまいの費用!相場や手続きについて知っておこう!
それによって増えているのは「散骨」です。
みなさんも「散骨」って一度は聞いたことあると思います。
TVやネットなどで話題にもなっているし、私の親戚の間の話でも出たことあります。

スポンサーリンク


でもそうやって話題になったりするものの、まだ私の知っている方で実際に「散骨」をしたことがある人はいませんし、「散骨」をしに行った人の話も聞いたことありません。

そこで今回は「散骨」について許可が必要なのか?川や海などどこにでも散骨していいのか?場所や方法について詳しく書いていきます!

散骨って何?

c3c89569f5f5b77cada13ebb82fd7801_s

散骨(さんこつ)とは、一般には、故人の遺体を火葬した後の焼骨を粉末状にした後、海、空、山中等でそのまま撒く葬送方法をいう。

引用元:wikipedia
海、空、山中等・・・とありますね。
さてここに記述してある通りどこでも撒いていいのでしょうか??

散骨をするのに許可はいるの?

日本では、埋葬等を行う場合の手続に関わる法律である「墓地、埋葬等に関する法律」が定められており、その規定によって、火葬した後の焼骨が墳墓に埋蔵されたり、納骨堂に収蔵するための手続が定められている「墓地、埋葬等に関する法律 第2条「定義」」のなかにおいて、これら以外の方法については特段の規制をしていない。

引用元:wikipedia


つまり、法律では特段規制されてない、ということになります。

じゃあどこにでも撒いていいのね!

というわけにはもちろんいきません!

どこにでも散骨していいの?

陸地の場合

他人の私有地で無断に行うことは出来ません。
公有地では取り決めはありませんが、自己の土地であっても近隣から苦情が発生する可能性はあります。
(アメリカでは実際に散骨を行った土地の売買について係争問題が起きています)

258b8fcb3778a84042281c3d668ae725_s

海の場合

港湾や漁場・養殖場のある場所は避けるよう求められています。

はっきりした規制や法律はありませんが、自分の思い通りに勝手に散骨するのは当たり前ですがNGです。

たとえば自分の隣の家の人が隣人の私有地(隣家の庭など)に散骨した、と聞いて何も感じない人はいないと思いますし、田んぼや畑に撒いたとして、そこで採れた野菜をハイどうぞ、と食べれるか?と言われれば私はNO!です。


憲法では基本的人権で「葬送の自由」が保障されています。

ですが、自由にしていい = 誰かの迷惑になる となると話は別です。

スポンサーリンク



散骨する際の注意

散骨する際の注意点は主に以下2点です。

①粉骨しなければいけない

遺骨をそのままの姿で散骨すると、事件として刑法に触れることになります。ですので散骨する場合は必ず粉骨(遺骨を粉状にする)する必要があります。

②業者に依頼するのがベターです

法律では規制されていませんので個人で勝手に散骨するのはアリです。
ですがトラブルを回避するために費用はかかりますが業者に依頼するのが一番だと思います。

70875ea4fc507014d3948de34104c68b_s

散骨の方法

業者に依頼する場合には大体下記3つの方法があります。

①個人散骨

故人の親族のみで行う散骨。
親族のみなので、要らない気を使うことなくお別れに集中できる。
金銭面の負担が大きい(散骨する人数分のお金がかかる、など)

②合同散骨

同時に複数のグループで行う散骨
見知らぬ家族への気遣いがある。
金銭面の負担が少ない。

③委託散骨

業者へ遺骨を事前に預けて、専門スタッフのみで行う散骨
お身体の事情ややむを得ない理由で参加が難しい場合などでも、散骨の希望が叶えられる。
また立会いをしない分、費用面の負担が少なくすむ。
記録の写真などを用意してくれる場合もある。

2bf906058cf864dfb8dc0173d12dbc4d_s

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ひとえに「散骨」と言ってもどこに撒くか、またどのような形で撒くか、など決めなければいけないことはたくさんあります。

故人の希望、自分の希望、と言って押し通すことが周囲の人の迷惑になるようでしたらそれは当然許されないことです。

また「散骨」と聞くと、手間や費用があまりかからず、お墓の管理をする必要もなく、といい点ばかり注目されたりしがちですが、デメリットもちゃんとありますし、どういったお葬式にしたいのかどういう風に散骨するか、など生前からちゃんと話し合うべきだと思いました。

特にそういう希望を持ってる人はちゃんと周囲に伝えておかないと、いらぬトラブルが発生し、家族間の溝にも繋がりかねません・・

色々と勉強して自分の希望、家族の意思、などちゃんとお互い折り合いをつけて、きちんとお見送り出来たらいいですね。

こんな本を見つけました・・いつかは自分も・・のために勉強しておくことは必要ですよね。














スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ