雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

エアコンの除湿と冷房の違い!電気代がかからないのはどっち?


d7540395963288edc3a0c8576932c0b8_s

今年の夏は涼しいな~と思っていたら、先週辺りからの急な猛暑!


我が家もエアコンガンガンつけてます!汗


ちなみに我が家でのエアコンの方法はいま現在「エアコンの除湿」+「扇風機」という運転方法。


まだ梅雨が明けていないので湿気も気になるし、でも室内の温度も下げたいし、と思ったのでこのような運転方法をとっています。


そこで思ったのは「冷房」「除湿」の違い。


またどっちが電気代が安いのかな~ということ。


電気代については特に気になる問題と思います!


ですので今回はエアコンの除湿と冷房の違いについて、また電気代がかからないのはどっちなのか調べてみました!


スポンサーリンク


冷房と除湿の違い



まずは冷房と除湿の違いをみていきます。

冷房とは?

部屋の空気の温度を下げることをいちばんに考えた機能。暑い部屋から熱を追い出して、部屋を涼しくします。


除湿とは?

できるだけ温度を下げずに湿度を下げることを目的。 


そして、この除湿には方法が2種類あります。

除湿の方法は2つある

除湿の方法には以下の2つがあります。

弱冷房除湿

じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をさらさらにします。


その、水分をあつめるために温度を下げた空気を、そのまま部屋に戻します。


出てくる風は冷たいです。


再熱除湿

じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をさらさらにします。


そして、水分をあつめるために温度を下げた空気を、ちょうどいい温度にあたためなおしてから部屋にもどします。
 

スポンサーリンク





電気代は?

setsuden_airconditioner


 弱冷房除湿 < 冷房 < 再熱除湿  の順に高くなります。


ですので使用しているエアコンによっては、「除湿」より「冷房」の方が電気代が安くになる場合もあるということです。



電気代に関するその他の情報はこちらをどうぞ。
→「食洗機を使うと電気代は安くなる?オール電化で考えてみた!



まとめ

いかがでしたでしょうか?


エアコンの除湿と冷房の違いについてまとめてみました。


  • まずは使用しているエアコンの機能をチェックする
  • 除湿のタイプが「弱冷房除湿」or「再熱除湿」のどっちなのか?

  • 電気代を節約したいときは「弱冷房除湿」や、高めの温度に設定した「冷房」がいい!
  • 梅雨時の肌寒い日は、快適性を優先して「再熱除湿」を利用
  • ちょうどいい温度に暖められた空気が出てくるからです。冷房や弱冷房除湿では室温が下がりすぎてしまい寒すぎたりしてしまいます。

ということがわかりました。


また、
室外気温が高く室内も大変暑い場合は、冷房機能で一気に部屋の温度を下げ、自動運転で設定温度を維持する方法が電気代は節約できます。


ちなみに・・・湿度が15%減少すると体感温度は1度下がるそうです!


毎年エアコンは冷房機能だけしか使わない!という人。


それだと梅雨の肌寒い日は冷房で身体を冷やして風邪をひいてしまったりしてしまうかもしれません。


でも、逆にエアコンは除湿機能だけしか使わない!という人。


真夏で外も部屋もとっても暑い日に「再熱除湿」だと部屋が快適な温度にならない恐れがあります。


ですので、、、


エアコンはその日の天候や湿度、部屋の状態によって上手に使い分けましょう!


また、それぞれの機能の特徴をよく理解して使うことが電気代の節約にもつながります!


まずは家のエアコンの除湿機能のタイプがどちらかなのかをチェックしてみて下さいね^^

スポンサーリンク




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ