雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

MCTオイルの飲み方は寝る前がいい?効果を最大限に活かすために



ダイエットやスーパーフードとして有名なMCTオイル。


私はバターコーヒー(バターコーヒーのダイエットブログ!2週間試したリアルな結果を公開で知ったのですが、残念ながらバターコーヒーでは効果が出なかったので、MCTオイルだけを試すことにしました。


最初は朝ご飯の代わりに、コーヒーにMCTオイルを入れて飲んでいたのですが、どうしても胸焼けが・・・泣


コーヒーとオイルの組み合わせが悪いのかと思い、コーヒーを味噌汁に代えてみたのですが、それもやはり胸焼けが・・・


なのでトマトスライスなんかのサラダにかけて摂取していたのですが、中々上手に摂取出来てない気がしたのと、サラダも毎日は食べないので定期的に摂取出来ないよな・・・と思い、色々試行錯誤していました。



そこで今回、


MCTオイルはいつ飲むのがいい?
効果的な飲み方などあるのか?
注意点はあるのか?



などについて、色々と調べてみましたので、ご覧ください。




スポンサーリンク

MCTオイルの飲み方について

MCTオイルの飲み方について、下記項目ごとに解説していきますね。

  1. MCTオイルとは?
  2. MCTオイルの効果とは?
  3. MCTオイルはいつ飲むのがいい?
  4. MCTオイルでダイエット効果を得るために
それでは一つずつチェックしていきましょう。

1.MCTオイルとは?



MCTオイルは、


Medium Chain Triglyceride = 中鎖脂肪酸オイル


というものです。


中鎖脂肪酸オイルとは、主にココナッツやパームヤシなど、ヤシ科植物の種子の核部分に含まれている天然成分です。


油の主成分である脂肪酸の一種で、母乳にも含まれています。


このMCTオイルには、下記のような特徴があります。


  • 液状のオイルで無味無臭
  • 消化吸収が早く、エネルギーになるのが早い
  • ケトン体(ブドウ糖に代わる第二のエネルギー源)の生成に役立つ
  • 動物性脂肪の燃焼を助ける働きがある


これらの特徴が、具体的にどんなふうな効果につながるのか、詳しくみていきましょう!



2.MCTオイルの効果とは?



上記の特徴から得られる効果は、下記の2つです。


  • 満腹感が得られやすい
  • 腹持ちがいいため、糖質を減らしても空腹をあまり感じなくなる。

  • 体脂肪を減少させる効果
  • 「ケトン体回路」が活性化し、体内の脂肪を燃焼してエネルギーに変換する体質(ケトン体が主力エネルギー源となる体質のこと)になる。この体質になると、エネルギー源の90%を脂肪が占めるようになるため、「筋肉を減らさず、脂肪だけを落とす」という理想的なダイエットが可能になる。



一般的な食事制限によるダイエットでは、自分の理想通りの痩せ方が上手に出来ません。


なぜ、綺麗に痩せれないのか?そのメカニズムは以下の通りです。


食事制限で綺麗に痩せれないメカニズム
  1. 食事制限でエネルギーが不足
  2. エネルギーが不足すると、肝臓に蓄えたグリコーゲンをエネルギー源として使用
  3. グリコーゲンが枯渇すると、次は筋肉を分解してアミノ酸をエネルギー源に使う
  4. それでもエネルギーが不足したときに、ようやく体脂肪の燃焼を始める


体脂肪が一番最後なんですね。泣


一番最初に消えて欲しいところが最後・・・絶望的です^^;



この食事制限で起きるエネルギー不足、それは下記のような症状を引き起こします。



  • 筋肉が落ちる
  • やつれた不健康なやせ方になる
  • 体力や免疫力がおち、病気にかかりやすくなる
  • 筋肉が落ちるため基礎代謝が低下
  • やせにくい体質になる

これが「ダイエットすると筋肉から落ちる」 と言われる理由です。


しかし、MCTオイルの効果を見てみると、このエネルギー不足を解消してくれることがわかります。



つまり、糖質制限などのエネルギー不足を引き起こすダイエッターにぴったりのオイル 、というわけです。



このMCTオイル、色々と調べていくと『夜寝る前に飲むのがいい』と言われていることがわかりました。


次項からは、このMCTオイルを摂るタイミングについて、検証していきましょう。


スポンサーリンク


3.摂るのは就寝前がいい<



MCTオイルの飲み方は寝る前がいい。


というのには、以下のような理由があります。


  • 睡眠中の体脂肪の燃焼を助けてくれる
  • 胸焼けしない
  • 朝起きた時の目覚めがいい
  • 便通が良くなる


夜寝る前に摂取すると、消費するエネルギーが糖から体脂肪に変わるため、睡眠中でも体脂肪を消費してくれます。


寝ている間に・・・というのはまさに理想的ですよね!


また、脳のエネルギー源でもありますので、次の日の朝の目覚めがすっきり、集中力の持続や頭の回転力の早さなどにもつながると言われています。


痩せるわ、目覚めはすっきりするわ、いいことだらけです!


しかしもちろんただMCTオイルを寝る前に摂取すれば痩せる、というわけではありません。


MCTオイルでダイエット効果を得るための注意点があります。



4.MCTオイルでダイエット効果を得るために



MCTオイルでダイエット効果を得るために、注意する点は以下の3点です。


  1. 摂り過ぎない(1日大さじ1~2杯)
  2. 加熱しない
  3. 糖質をとりすぎない

痩せやすい「ケトン体質」になるには、エネルギー源となる糖質をとりすぎるのはNGです。


夜寝る前にMCTオイルを摂るなら、夕方はご飯を少なめにする・・・などとした方がいいでしょう。


糖質制限をしている人の口コミなどを見ると、頭がすっきりしない、体が疲れやすくなる、などと意見がありますが、これは糖質を摂らないことによるエネルギー不足が原因です。


そのエネルギー不足を補うのにこのMCTオイルを摂取するのがいい、ということですね。


また、MCTオイルは熱に弱いため高温になるとすぐに煙が出ます。


この煙には多環芳香族炭化水素と言われる発がん性が懸念されている物質が含まれていますので、料理に使うなら、サラダにかけたりして、加熱しないよう気をつけて下さい。



私が使用しているMCTオイルです↓


送料無料なので、利用させてもらってます。


本当に無味無臭なので、コーヒーや味噌汁に入れても味が変わることがありません。


トマトスライスなどにもかけてますが、クセがないので子どもたちも違和感なく食べています^^




まとめ

いかがでしたでしょうか?


  • MCTオイルを上手に摂取すれば、ケトン体質(痩せやすい体質)になれる
  • 寝る前に摂ると睡眠中の脂肪燃焼も期待できる
  • 量や摂り方など、注意が必要

ということがわかりました。


今現在私は、夜寝る前にコーヒーに大さじ1杯のMCTオイルを入れて飲んでいます。


目覚めはすっきり・・・じゃない日ももちろんありますが、今のところ良い手ごたえを感じています^^


ただあまり糖質制限は出来ていない(ついつい大好きなパンに手が・・・涙)ので、ダイエット効果はまだ得られていません。


しかしもうすぐ夏も本番!


ちょっと気合を入れて、ダイエットをがんばってみたいと思っています!

スポンサーリンク




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ