雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

六曜の意味と順番!誰でもわかる歴史と起源と覚え方



カレンダーに書かれている大安や先勝などのことを六曜と言います。


あまり普段意識して生活していないと思うのですが、何かある時(引越しや開業、七五三・・・)は調べたりする人も多いのではないでしょうか?


私自身は六曜に関して、大安は良くて仏滅は良くない、ぐらいの知識しかありません。


全部で何種類あって、大安の次にいい日は何なのか、仏滅以外にも良くない日はあるのか?など、全くわかりません。


でも日本人として、そしてもう四十路という年齢からして、それぐらいは知っておいた方がいいよね・・・ってことで、調べてみることにしました。


六曜の意味、順番や起源などについて詳しく書いていきますのでご覧下さい^^


スポンサーリンク

六曜とは?

六曜とは、wikipediaを見てみると以下のように書かれています。

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。

引用元:wikipedia


この中に記載のある、暦注(れきちゅう)とは、暦に記載される日時や方位などの吉凶、その日の運勢などの事項のことで、六曜もその中の一つ、ということになります。




それでは次に、六曜の歴史と起源についてみていきましょう。


六曜の起源と歴史



六曜は中国で生まれたとされ、軍師の諸葛亮が六曜を用いて軍略を立てていたのが始まり・・・とされていますが、この説は後世のこじつけとも言われていて、真偽のほどは定かではありません。


元々は、1箇月を5等分して6日を一定の周期とし、曜日の代わりに使われていました。


日本に伝わったのは、鎌倉時代末期から室町時代にかけてとされ、名称や順番、呼び方など少しずつ変化していき、今の形になったのは1800年の初めごろ(江戸時代)、と言われています。


しかし明治時代に入ると、政府が『吉凶付きの暦注は迷信である』として、これらを一切禁止しました。


でも需要の声が多く、第二次大戦後に復活、現在に至ります。


それでは次に、六曜の読み方と意味についてもみていきましょう。

スポンサーリンク

六曜の読み方と意味

六曜は以下の通り6種類あります。

  1. 先勝
  2. 友引
  3. 先負
  4. 仏滅
  5. 大安
  6. 赤口
それでは1つずつみていきますね。

1.先勝

せんしょう、せんがち と読みます。


「先手必勝、先んずれば即ち勝つ」 の意味があり、全てにおいて急ぐことが良いとされている日で、急なお願いごと、勝負に良いと言われています。


午前中は吉、午後二時より六時までは凶、とされています。



2.友引

ともびき と読みます。


「凶事に友を引く」 の意味があるため、この日にお葬式や法事を行うと、亡くなった人が友人を引き寄せる・・・「他人の死を誘う」と言われているため、友引にはお葬式を避けることが望まれていました。


しかし本来六曜は中国から伝わった吉凶占いのため、仏教には関係ないため気にしなくてもいい、とも言われています。


また逆に慶事では「喜びを引き寄せる」という意味で、結婚式や引き出物を発送したりするのには良い日、とされています。


朝は吉、昼は凶、夕は大吉のため、ナイトウェディングなどには最適の日かもしれません^^


3.先負

せんぶ、せんぷ、せんまけ、 と読みます。


「先んずれば即ち負ける」 の意味があり、全てにおいて平静であること、人前ででしゃばらぬこと、とされています。


この日の勝負事や急用は避けた方がよく、午前中は凶、午後からは吉と言われています。



先負についてはこちらの記事もご覧下さい。
『先負のお宮参り午後ならOK?参拝するのに最適な時間帯はコレ』

4.仏滅



ぶつめつ と読みます。


六曜の中で最も凶の日とされ、「何事も遠慮する日、病めば長引く、物を失う、仏事はよろしい」 と言われています。


なので結婚披露宴などには不人気な日ですが、逆に料金の割引があったり、予約を取りやすい、などのメリットもあります。


また『物滅(物が一旦滅び、新たに物事が始まる)』として「大安」よりも物事を始めるには良い日、との解釈もあるようです。


5.大安



たいあん と読みます。


「大いに安し」 の意味で、六曜の中で最もいい日とされています。


すべてにおいて吉、成功しないことはない日、とされているため、結納や結婚式には人気の日となっています。


他にも、新車の納車日、財布の購入、マイホームの工事着工日や引渡日、開店開業をこの日にするという人も少なくありません。


財布の購入については、こちらにも詳しく書いています。
『財布には縁起が大事!2017年の購入や使いはじめにいい日!』


6.赤口

しゃっこう、しゃっく と読みます。



「悪日、諸事支障あり、ただし法事、正午(午前11時ごろから午後1時ごろまで)だけは良い」 と言われているため、仏滅の次に縁起の悪い日、とされ、全てにおいて慎重に・・・とされています。


またこの日は「赤」という字が付くため、火の元や血の色を連想させる刃物には充分注意をする日、とも言われています。



では最後に、六曜の順番についてみていきましょう。

スポンサーリンク

六曜の順番!途中で飛ぶのはなぜ?

六曜は、基本下記の順番通りとなっています。

  1. 先勝
  2. 友引
  3. 先負
  4. 仏滅
  5. 大安
  6. 赤口
この順番は変わりません。


しかし、1つ決まりがあって、旧暦の各月の1日はこの日からスタートする・・・と予め決まっているのです。


旧暦の各月の1日の六曜は下記の通り。

  • 1月1日、7月1日 ・・・ 先勝
  • 2月1日、8月1日 ・・・ 友引
  • 3月1日、9月1日 ・・・ 先負
  • 4月1日、10月1日 ・・・ 仏滅
  • 5月1日、11月1日 ・・・ 大安
  • 6月1日、12月1日 ・・・ 赤口
私たちは普段『新暦』 で生活しているのに、旧暦によって六曜の順番が決まっているため、途中で順番が飛ぶのです。


こんな感じです↓



本当だったら、大安の次は赤口ですが、旧暦の2月1日のため友引となっていますね。


月ごとに始まる曜や順番が決まっているため、定義としては、旧暦で月と日の合計が6の倍数だと、『大安』ということになります。



上の画像で言うと、

  • 旧暦の1月29日 → 1+29=30
  • 旧暦の2月4日 → 2+4=6
と、ちゃんと6の倍数になっています。


旧暦と新暦が色んな場面で組み合わさっているため、色々とややこしくなっていますが、逆にそれがおもしろい・・・と言えるのかもしれません。


ちなみに・・・六曜の順番(先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口)の覚え方ですが、ネットで調べたらこんな文句↓がありました^^


勝ったつもりが友に負け、仏も驚く大赤字

引用元:nanapi「大安・仏滅…といった六曜を一発で覚える方法」



これめちゃ覚えやすいですよね!


ついでに私も考えてみました!こちらです↓


「勝ったら引いて負けたら滅ぶ、大きな赤ちゃん」


あんま語呂もリズムも良くないですが・・・^^;


参考になったら嬉しいです!



まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 六曜の起源は中国
  • 六曜は明治時代に禁止された
  • 六曜の順番は決まっている
  • 旧暦の1日からスタートするため、新暦では順番が飛ぶことがある
ということがわかりました。


結婚式を挙げる若い夫婦は気にしなくても、呼ばれる親戚のおじいさん、おばあさん達は気にしていたり、世代間で大きく認識の差があるのが、六曜だと思います。


そして、気にならないようで気になるもの・・・とも言えるかもしれません。


あまり囚われすぎも良くないですが、いいタイミングやキッカケに・・・と思うのは悪くないもの。


何事もポジティブに捉える方が人生においては得、だと思うので、いい方に六曜を活用できたらな~と思います^^

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ