雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

色のイメージが人に与える効果!色に関する豆知識5つをご紹介!

色のイメージ。
太陽といえばオレンジ、女の子らしい色ならピンク。
など色が与えるイメージっていろいろあると思います。
私は自分のパーソナルカラー診断(自分の肌や目の色などから自分が一番似合う色を判断する)を受けたことがあって、その時に色に関する豆知識を聞きました。

スポンサーリンク


その時の話はとても興味深く診断を受けたのはもう4年ほど前になりますが今も強く印象に残っています。

なので今回はその時に聞いた色に関する豆知識5つ
をご紹介していきます!





色に関する豆知識5つ

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

①明るい色の洋服は安全安心!

明るい色は“目立ち”ます!
目立つ、ということは遠くから見えやすく夜間や暗いところでもわかりやすいです。

また交通安全カラーの黄色いランドセルカバーでもわかるように、黄色には「交感・副交感神経」を刺激する作用があるため、注意喚起を促す効果があります。

c74bc126365d9b8fe6db1cccf71a2b4b_s

また犯罪者からしても目立つ服を着ている人を狙いにくい、という心理があると言われています。

自分はもちろんのこと、特にお子さんには防犯上の面でも明るい色の洋服が一番だと思います。

私はこの話は産前に聞いていたので、人ごみの多いところに行く際には特に目立つように黄色やピンクなどを着せていました。
公園など子供がたくさんいる場所でも明るい色の子はわかりやすいので自分の子がどこにいるかすぐにわかるので良かったです^^



②勝ちたい時は「赤」を身につけよう!

あるテコンドーの試合について、赤の防具と青の防具をつけた者同士を対戦させた場合、どちらが勝利する確率が高いのか?を調べた結果、「赤」を身につけた選手のほうが勝つ確率が高かったそうです。

olympic15_taekwondo

また、審判に「赤」と「青」を対戦させたオリジナルの映像と、デジタル処理で「赤」と「青」を入れ替えた映像の2つを見せたところ、まったく同じ試合にも関わらず、どちらも「赤」を支持する審判が多かったそうです。

つまり、選手が身につける色が、審判の判定に影響を及ぼしているということになります。
またさまざまな実験で、「赤」は身につけた人の自信を高めることが証明されているそうです。

もし試合や勝負の場面で、色を選べる、としたら「赤」を選んでみましょう!!



スポンサーリンク




③痩せたい人は青いお皿に盛り付けよう!

青色には「食欲減退効果」があります。
自然界には、あまり青い色の食べ物がないため、気味が悪いと感じ、食欲が減るそうです。
ダイエットを考えてる人、食べすぎて困る、という人は是非青いお皿に盛り付けてみて下さい。
また食べる前に青い色を見る、というでもOKだそうです。

99e4c94434eed118ad3d01f92fcc66af_s



④初デートには白やアイボリーを!

初めてのデートでは着ていく洋服や色についてたくさん悩むと思います。
真面目で誠実そうな印象を与えるには定番色が効果的と言われていて、定番色の中でも『誠実そうに見える色』といえば紺が一番だそうです。
でも紺や黒、グレーといった色はビジネスには向いているものの恋愛面での勝負服として着るにはNG

なので定番色の中でもビジネス的な印象のあまりない白やアイボリーが良いそうです。

合わせる色は、女性の恋愛勝負色として外せないピンク系で!(鮮やかすぎるピンクは好感度が下がってしまうので注意!)




⑤下着は赤がいい!

ある男性お笑いタレントは赤の下着しかはかない!とTVで言っていました。
そしてなんと「赤パンツ健康法」なるもあるとか??


赤には、、、

  • 活力を感じ気持ちを前向きにさせる。
  • アドレナリンを分泌し興奮を促す。
  • 熱や暖かさを感じる。
  • 食欲を増進させる。
  • 時間経過を早く感じさせる。
  • 目を引き関心を集める。


という心理効果があるそうです。

このことなどから東洋医学では下着を赤にするということは

「丹田(おへそのすぐ下あたり)に力が入りエネルギーを補う効果がある」

と考えられています。

私はこの健康法は実践したことがないのですが、いつまでも元気で働いてもらわないといけない夫に今度買ってみようかな~と思っています^^














まとめ

いかがでしたでしょうか??
色の持つ様々なイメージや効果があることがわかりました。

芸能人の美輪明宏さんは

「世界中の植物の中で黒とグレーはありません。世の中すべての景色が黒やグレーだったら、どうなります。暗くなってしまいます。色には威力があります。だから私は明るい洋服しか着ないのです。」


と以前雑誌のコラムで言っていました。

私はこれを読んでからも黒のワンピースやグレーの洋服ももちろん着ますが、差し色に赤やゴールドなど全身真っ黒、という風にならないように気をつけています。

特に子供を産んでからは明るい色を目にして欲しいので暗い色は着なくなりました。
効果があったのかどうかはわかりませんが、タンスの中が明るい色になったのは何だか気分が良いです^^

色の効果・・・みなさん感じたことありますか??


【ファッションに関する情報】
◇「運動会のママの服装!おしゃれで動きやすい格好とは??

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ