雑学・健康・九州(主に福岡)の地域情報、生活や子育てに役立つ情報をお届けしています^^

博多の雑煮はうまい!特徴と魅力を調べてみた


お雑煮

お正月に欠かせない“お雑煮”


私はお雑煮がだーい好きです^^


そのお雑煮って地域によって色々と違いますよね?だしがすまし汁だったりお味噌だったり、中に入っている具や御餅にあんこが入っていたり・・・様々な種類があります。


私の地元博多ではアゴで出汁をとったすまし汁にブリ、かまぼこ、人参、椎茸、里芋、かまぼこ、かつお菜に丸もちが入ったそれとは豪勢な博多雑煮を作ります。



私はこの博多雑煮が大好きで特に母の作った博多雑煮は絶品でお正月だけじゃなくいつも作って欲しい!と思っていました。


大人になって結婚してお正月を主人の実家の宮崎で過ごすようになると、宮崎の雑煮を食べるわけですが、すまし汁は一緒だけれど、鶏肉・大根・白菜が入っている雑煮で美味しくないわけじゃないですが、なんとなーく寂しいようなそんな気持ちになります。(決して宮崎のお雑煮をけなしているわけじゃないです^^;)

今回はそんな私の大好きな博多雑煮の特徴と魅力について色々と調べてみましたので書いていきます。

スポンサーリンク

博多雑煮の特徴と魅力

ご家庭によっても多少の違いがあると思いますが、博多雑煮の特徴は以下の通りです。

  1. 具だくさん!
  2. 出汁は焼きアゴを使用!
  3. 同じ鍋で煮ない!
では1つずつ詳しくみていきます。

1.具だくさん!

博多雑煮の一番の特徴は、具だくさんということではないでしょうか?


雑煮に入れる具材について、1つずつ、使う理由などについても書いていきます。

ブリ
出世魚のブリを使用して縁起を担いでいます。

また「嫁ブリが良い」と言う意味で嫁ぎ先の実家からお嫁さんの実家へ年末ブリを1本贈る習慣があり、それで雑煮にブリが入るようになったとも言われています。

我が家では年末に1本のブリを買い母が捌いて刺身用、雑煮用、照り焼き用と年末から毎日ブリを食べていました。



かつお菜
博多特産の青菜でお正月の時期だけ出回ります。「勝つ」がつくので縁起がいいとお雑煮に入れられています。また噛むと鰹の風味がすることからこの名がつけられました。



金時人参
一般的な西洋人参より細く鮮やかな紅色でお雑煮のお椀の中ですごく映えます。また甘みも強く栄養価も高いお野菜です。

3f44d30469178450572ba673aca5581f_s


かまぼこ
かまぼこは縁起を担いで、松竹梅などの模様が入ったものを使用したりします。




里芋
里芋はしっかり煮て柔らかくしておきます。
c494eaab3f8eaa40cb327e10cf80cce7_s


干し椎茸
出汁を取るのに使用した干し椎茸を使います。味が染みてすごく美味しいです~^^



丸餅
お雑煮に欠かせないお餅!餅は丸餅を使用し、焼かずに水茹でします。

IMG_6301


たくさんの具材が入った博多雑煮。


1杯食べたらお腹いっぱい、大満足なのがお分かり頂けるでしょうか?^^

スポンサーリンク

2.出汁は焼きアゴを使用!

焼きアゴとは、飛魚(トビウオ)を炭火で焼いて時間をかけて乾燥させたものです。


「アゴ」という呼び名は九州地方や日本海側で見られるそうですが、一説には「あごが外れるほど美味しい!」という理由からだと言われています。


こんなのです(高いです!お正月以外は手が出ません^^;)
↓↓↓















この焼きアゴだけではなく、干し椎茸や昆布・鰹節も使用して出汁をとるので手間もかかるしお金もとってもかかります(汗)


でもすごーーーーくおいしいです!


出汁を取るのに使った昆布はお餅を茹でる時に鍋に敷いて再利用。お餅がお鍋の底につかないようにします。


あ~書いていたら食べたくなってきました^^;


福岡にある久原本家という食品メーカーが出している焼きあごを使用した”だし”です。普段の料理には我が家ではこれを使用しています。とても美味しいですよ^^
↓↓↓
















3.同じ鍋で煮ない!

博多雑煮の大きな特徴は透き通った綺麗なお出汁です。


そのため、お出汁の中に具材を入れて一緒に煮ることはありません。


具材はブリを含め全て別々のお鍋で1つずつ茹で準備しておき、食す時にお椀に具材を盛り、最後にお出汁をかけます。


我が家ではトレーに具材を並べてラップをかけ冷蔵庫に入れていました。


まとめ

いかがでしたでしょうか?


博多雑煮・・・いやもう本当に美味しいんです!!


でもめちゃくちゃ手間がかかるんですよね~^^;


お出汁をとるのも、具材を準備して1つずつ下茹でするのも、私は要領も悪いので1日かかりました。


思い返すと母はもっとちゃきちゃき準備してた気がするし、お雑煮の他に黒豆を煮たり、がめ煮やなますを作ったり・・・自分が子供のときは何とも思わなかったことが母親になってみて実際に準備してみるとどんなに大変だったことが良くわかりました。


そういえば母は父の元にお嫁に来てすぐのお正月の時、自分の実家(同じ福岡でしたが)がお雑煮にアラを入れていたのでアラを入れて作ったら、父に「作り直せ!」と言われたそうです(汗)


父にとってはブリが入っているお雑煮が自分のお雑煮だったんでしょうね~。


んで母はブリを買ってきて作り直したらしいんですけと、そう考えると私は主人の実家の宮崎のお雑煮を覚えて作らないといけないんですよね~^^;


うーーん・・・ムリo(゚Д゚)っ!笑


今住んでいるところは福岡だし私も自分の子供たちには福岡の博多の雑煮の味を覚えて欲しいな~


って我がままなんでしょうかね??汗


大晦日に食べる年越しそばについてはこちらをどうぞ^^
『年越しそばっていつ食べるの?正しいタイミングはこれだ!』

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人について



管理人:よしこ
福岡県出身福岡県在住
子供二人を子育て中の30代(専業主婦)

アーカイブ